小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


赤ちゃんの発熱とは

発熱は小児科受診の主訴で最も多い症状です。
発熱は多くの病気の初期症状、主症状であることが多く、さらに軽症の病気から重篤な病気までさまざまにみられます。
また、発熱はママがお子さんの身体に触れることで感じることができる、体温計を使って簡単に数字で判断することができる症状であるため異常と判断できます。
発熱とは、さまざまな原因によって体温中枢の障害や何らかの発熱物質により正常より高い温度レベルで体温の産生と放散が行われる状態をいいます。
こどもは、環境温による体温の変化が起こりやすい、そして体温調節機能が未熟なために体温が上昇しやすいことから身体の異常徴候として発熱を主訴としたものが多くみられる理由です。
体温は、年齢による違い、平熱の個人差の違いがあるため、平熱と比較して判断しなければなりません。

発熱の分類

発熱は、その程度により以下のように分類されます。

うつ熱とは

うつ熱とは、温度レベルはかわらないが体温の産生と放散がアンバランスなために起こる状態をいいます。

微熱とは

微熱とは、37.6~37.9℃、または平熱と比較して1.0℃以内の上昇、またはその体温の状態がしばらく続いている状態をいいます。

中等熱とは

中等熱とは、38.0~38.9℃の発熱の状態いいます。

高熱とは

高熱とは、39.0℃以上の発熱の状態をいいます。

発熱中の体温調節中枢

脳には、体温をほぼ一定に保つ体温調節機能が間脳の視床下部にあり、体温調節中枢というものがあります。
この体温調節中枢は、体温を調節するサーモスタットのはたらきをしています。
健康なときには、平熱の37℃前後に設定されています。
ところが、病気になってしまうと平熱よりも高い体温に設定されると、体温がそのレベルまで上昇したことにより、赤ちゃんの身体に発熱がみられます。
病気が治ると、ふたたび平熱のレベルに設定され体温が下がり、解熱します。
発熱のとき、体温調節が障害されているように誤解されるのですが、発熱も平熱と同様に、調節された反応です。


小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A