小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


なぜ保育器に入れるのですか?

テレビなどで保育器に入った赤ちゃんの映像を見ることがあると思います。
また、実際にわが子が保育器に入ったというお母さんもいると思います。
保育器に入っている赤ちゃんを見ると「かわいそう」「痛い痛しい」などと感じる方も少なくないようです。

おじいちゃんやおばあちゃんの中には、保育器に入ると目が見えなくなると心配なさる方もいます。
これは、未熟児網膜症で医療訴訟としてメディアにとりあげられたことで、保育器に入ったことで発症すると思い違いをなさっているのだと思います。
未熟児網膜症とは網膜血管の未発達のために起こる網膜血管病変で妊娠34週未満で産まれ赤ちゃんや出生体重が1800g未満の低出生体重児に起こりやすいといわれており、発症率は出生体重1500g 未満で約60%、在胎28週未満ではほぼ100%です。

なぜ保育器に入れるのでしょうか。
新生児は、体温や呼吸などの機能が未熟なため、環境の影響を受けやすいという特徴があるため、病院によっては出生直後からしばらくの間保育器に全ての新生児を保育器に収容しするところもあります。
さらに、早産児や低出生体重児はさまざまな機能が未熟な状態で生まれて来ますので環境の影響により命の危険に関わることもあるため、早産児や低出生体重児にとって保育器は必要な医療機器の一つです。

保育器とは

保育器は、新生児医療にとって重要な医療機器の一つで、クベースまたはインキュベーターともよばれ、新生児に適した温度環境で保育することを目的としています。
保育器は、透明なフードが付いている箱型の閉鎖式とフードのない開放式保育器などがありますが、一般的に保育器というと閉鎖式保育器をさします。
保育器は、保温・加湿・感染防止・酸素供給などのほか、光線療法などの治療が容易にできるようなさまざまな機能備わっています。


小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A