小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


早産児とは

赤ちゃんが小さく生まれると「未熟児」と呼ばれることがありますが、「未熟児」とは正式には医学用語ではありません。
未熟児とは母子保健法第6条でにおいて「身体の発育が未熟のまま出生した乳児であつて、正常児が出生時に有する諸機能を得るに至るまでのものをいう。」とされています。
世界保健機構(WHO)も以前は出生体重2500g未満を未熟児と呼んでいましたが現在は低出生体重児に変更されました。
小さく生まれた赤ちゃんに関して、出生体重による分類、在胎週数による分類、在胎週数と出生体重の両方からの分類などで分類されて、定義されています。

低出生体重児の出生体重による分類

低出生体重児は出生体重により以下のように分類されます。
・低出生体重児:出生体重2500g未満の児が該当します。
・極低出生体重児:出生体重1500g未満の児が該当します。
・超低出生体重児:出生体重1000g未満の児が該当します。

在胎週数からみた分類

・早産児:在胎22週以降から37週未満で出生した児のことをいいます。
・正期産児:在胎37週以降より42週未満で出生した児のことをいいます。
・過期産児:在胎42週以降で出生した児のことをいいます。

在胎週数と出生体重両方からの分類

・SFD児(light-for-dates)児:出生身長を問わず出生体重が10パーセンタイル未満の児のことをいいます。
・SFD児(small-for-dates)児:出生体重・身長ともに10パーセンタイル未満の児のことをいいます。
・AFD児(appropriate-for-dates)児:在胎週数相当の出生体重をもつ児のことをいいます。