小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


前期破水(PROM)とは

前期破水(premature rupture of the membrane:PROM)とは、陣痛発来(分娩開始)以前に卵膜の破綻をきたし、羊水が子宮外に流出したものをいい全分娩の約10~20%に起こります。
前期破水(PROM)は管理上の問題から妊娠37週未満のpreterm PROMと37週以降のterm PROMに分類されます。
早産の約30%はpreterm PROMによるもので、早産児として出産した際、呼吸窮迫症候群(RDS)、脳室内出血などを合併するリスクが高いため、preterm PROMがとくに問題となります。

前期破水(PROM)の原因

前期破水(PROM)の原因には、卵膜の異常と急激な子宮内圧の上昇などによっておこります。
卵膜の異常としては、膣中の病原性細菌が子宮口より卵膜に上行性感染することでおこる絨毛膜羊膜炎があり、絨毛膜羊膜炎の原因菌は大腸菌、B群溶連菌、クラミジアなど様々です。
急激な子宮内圧の上昇による前期破水(PROM) は、羊水過多・多胎妊娠:子宮内圧の慢性的な上昇に加えて、咳などに伴う腹圧の亢進、夫婦生活など外力によって前期破水することがあります。
その他の原因としては、羊水穿刺:羊水穿刺により卵膜の損傷、頚管無力症、頚管円錐切除術の既往、喫煙などがあります。

前期破水(PROM)の症状

前期破水(PROM)の症状としては、羊水の流出感を感じます。多くは続いて陣痛が始まります。
高い位置で卵膜に裂傷が生じた場合には、陣痛開始までに時間が要することが多い。
破水から分娩までの間に、細菌が上昇して感染を起こす可能性があります。
陣痛は不規則で、遷延分娩となることもあるが、多くは胎児が小さく、陣痛さえ正常におこれば、比較的分娩経過が軽くなることが多い。

前期破水(PROM)の診断

・問診:羊水の流出感や尿が漏れた感じ、水のような帯下(水様帯下)などの破水感の訴え。
・内診・視診:膣鏡により視診が行われ子宮口から羊水の流出の確認。
・膣内pH測定:BTB試験紙法により試験しの青変、pHの測定でpHが7.0~7.7の弱アルカリ性に変化、羊水の成分による検査が行われます。
・羊水シダ状結晶:採取した膣内貯留物をスライドグラス上で乾燥させ、顕微鏡でシダ状結晶を確認する。
・胎児由来細胞の確認:胎児毳毛、胎毛、オレンジ細胞、脂肪球などの存在を証明する。
・生化学検査:羊水中に存在し、膣内分泌物には含まれないα-フェトプロテイン(AFP)、インスリン様成長因子結合蛋白-1(IGFBP-1)、癌胎児性フィブロネクチン(fFN)などを検出。

前期破水(PROM)の問題点

妊娠37週未満のpreterm PROMでは、羊水の流出による羊水過少が原因となって以下のような合併症を引き起こします。
・卵膜が破れる:臍帯脱出、子宮内感染、絨毛膜羊膜炎など。
・臍帯の圧迫:胎児機能不全など。
・子宮壁による圧迫:肺低形成、四肢の変形、関節の拘縮など。
・子宮内圧の低下:常位胎盤早期剥離など。