小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症候群とは妊娠20週以降、産後12週まで高血圧が見られる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものをいい、妊婦さん約20人に1人の割合で起こるといわれています。
注)本症は、2004年4月に「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」へと改称と、それに伴う用語、定義、分類の改訂が提案され、2005年4月に日本産婦人科学会の統一見解となった。

妊娠高血圧症候群の分類

妊娠高血圧症候群の病型分類

【妊娠高血圧 】
妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、分娩後12週まで正常化するものをいいます。
【妊娠高血圧腎症 】
妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、蛋白尿を伴う場合で分娩後12週まで正常化するものをいいます。
【加重型妊娠高血圧腎症 】
①高血圧症が妊娠前、あるいは妊娠20週まで存在し妊娠20週以降蛋白尿を伴う場合。
②高血圧と蛋白尿が妊娠前、あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降、いずれはまたは両症状が増悪する場合。
③蛋白尿のみを呈する腎疾患が妊娠前、あるいは妊娠20週まで存在し、妊娠20週以降に高血圧が発症する場合。
【子癇 】
妊娠20週以降に初めて痙攣発作を起こし、てんかんや2次痙攣が否定されるものをいいます。痙攣発作の起こった時期により妊娠子癇、分娩子癇、産褥子癇とします。発作時間は、2~4分で数回繰り返すことが多く、発作の直前の血圧が180㎜Hg以上となり、頭痛、光視症(眼華閃発)などの前駆症状をともなうことが多い。

妊娠高血圧症候群の重症度分類

【軽症】
血圧が次のいずれかに該当する場合
収縮期血圧が140㎜Hg以上で160㎜Hg未満の場合
拡張期血圧が90㎜Hg以上で110㎜Hg未満の場合
蛋白尿:原則として24時間尿を用いた定量法で判定し、300mg/日以上で2g/日未満の場合
【重症 】
血圧が次のいずれかに該当する場合
収縮期血圧が160㎜Hg以上の場合
拡張期血圧が110㎜Hg以上の場合
蛋白尿:2g/日以上の場合、隋時尿を用いる場合は複数回の新鮮尿検査で、連続して3+(300mg/dl)以上の場合多くの場合

妊娠高血圧症候群の発症時期による分類

・早発型(EO) :妊娠20週以降、妊娠32週未満に発症するもの。
・遅発型(LO) :妊娠32週以降に発症するもの 。

妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群の原因としては免疫異常説、間脳下垂体機能失調説、物質代謝異常説、レニンアンギオテンシン説などありますが、いまだに明らかにはなっておらず、もともとの素因に環境因子が加わって発症すると考えられています。

妊娠高血圧症候群の要因

・年齢:35歳以上で発症率が高くなり、40歳以上になるとさらに危険度が高い。15歳以下でも発症率は高くなります。
・肥満:BMI 25以上や非妊娠時体重 55kg以上。
・既往症:高血圧、糖尿病、妊娠高血圧症候群、甲状腺機能低下症、易血栓形成(抗リン脂質抗体症候群、プロテインS欠損症、プロテインC欠損症など)
・合併症:双胎妊娠、胞状奇胎など。
・初産婦
・遺伝的因子:本態性高血圧症、母の妊娠高血圧症候群