小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


前置胎盤とは

前置胎盤とは胎盤が正常の位置で子宮壁に付着し、胎盤が内子宮口を覆うもの、または内子宮口の周辺におよぶものをいいます。

前置胎盤の分類

前置胎盤は、内子宮口をおおう程度により3つに分類されます。
全前置胎盤:胎盤が内子宮口を完全におおうものを全前置胎盤といいます。
部分前置胎盤:胎盤が内子宮口の一部をおおうものを一部前置胎盤といいます。
辺縁前置胎盤:胎盤の下縁が内子宮口に達するものを辺縁前置胎盤といいます。

前置胎盤の発生頻度

前置胎盤の発生頻度は、全分娩の0.5~1.0%で多産婦ほど多く、再発率は4~8%です。
部分前置胎盤が最も多く、次いで辺縁前置胎盤が多い。

前置胎盤のリスク要因

前置胎盤の原因は正確には解明されていませんが次のものが挙げられます。
過度な子宮内掻爬、子宮筋腫、子宮奇形、子宮内膜炎などによる子宮内膜の病変、多胎妊娠、胎盤の形態異常、帝王切開、人工妊娠中絶、筋腫核出術などの他、高齢や喫煙などがあります。

前置胎盤の症状

前置胎盤の症状は主に出血であり経過とともに変化します。
症例によっては妊娠末期まで出血がみられないことや子宮収縮を伴って出血をすることもあります。
前置胎盤の典型的な症状は、以下のように無痛性性器出血を繰り返し、次第に出血量が増加します。

妊娠中から末期

前置胎盤の初期症状として突発性の少量の警告出血と呼ばれる無痛性性器出血がみられます。出血は、子宮収縮の増加、子宮下部の進展、子宮口の開大により、子宮胎盤血管が断裂するために起こります。
最初にみられる警告出血は、少量で自然に止血することがほとんどなのですが、繰り返し起こり、次第に出血量が増加します。

妊娠末期

前置胎盤は、妊娠末期になるほど子宮収縮や子宮口の開大が進み、出血量が多くなりやすく、大出血となり、出血のコントロールが難しい場合は緊急帝王切開がおこなわれます。

分娩時

陣痛発作時に子宮口は強く開大し、剥離面積が大きくなるため、出血量は増加します。
一方、陣痛間欠時には剥離面積は小さくなるため、出血量は減少します。
胎盤の付着によって子宮下部が軟化、脆弱化しているため裂傷が起こりやすくなります。

分娩後

子宮下部、頚部では収縮が弱いため、弛緩出血が起こしやすく、出血量が多くなります。
癒着胎盤を起こしている場合は、胎盤を剥離しにくい。
とくに、既往帝王切開の創部と一致した部位に胎盤が付着する例では、高率で癒着胎盤となり、胎児娩出直後に子宮摘出を要することもあります。