小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


頚管無力症

頚管無力症の発生率は、0.05~1%とされていますが、流産、早産の原因の約20%を占めており、習慣流産の原因のひとつです。

頚管無力症とは

頚管無力症とは、妊娠中期に頚管が脆弱化していることで、子宮収縮(陣痛)がないにもかかわらず子宮口が開大してしまい、妊娠が維持できなくなる状態をいいます。
正常妊娠の場合、妊娠が進み、胎児が成長しても子宮頚管は閉じているのですが、頚管無力症では胎児が発育すると子宮内圧が上昇し、強い子宮収縮(陣痛)の自覚がないにもかかわらず、子宮口が開大して子宮頚管が短縮し、流産、早産に至ります。

頚管無力症の原因

頸管無力症の本質的な原因は解明されていません。
頚管無力症の原因は体質的なものが考えられており、頚管無力症の要因 としては、
①先天的因子として子宮頚管が短い、子宮奇形など。
②体質的な病気で頸管の筋組織が弱い。
③過去の分娩において頚管裂傷の既往がある。
④人工妊娠中絶や流産で子宮内容除去術時の無理な子宮頚管拡張。
⑤子宮頸部円錐切除術の既往。

頚管無力症の症状

頚管無力症のほとんどは症状がありません。自覚症状がないため初めての妊娠の場合は予防することが難しいとされています。

頚管無力症の診断

頚管無力症の診断基準はありません。
子宮収縮などの自覚がないにもかかわらず、子宮頚管が短くなっている、子宮口が開いているなどがある場合は頚管無力症の可能性があるため、内診で子宮頚管の長さや子宮口の開大、超音波検査にで内子宮口の開大のチェックなどを行うことで早期に発見できます。
過去の妊娠・分娩で頚管無力症の既往、流産・早産の既往がある場合も慎重に経過観察が行われます。