小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


早産とは

早産とは妊娠22週0日から妊娠37週未満までの分娩(妊娠の中絶)をいいます。

早産の分類

早産は、人工早産と自然早産に分けられます。
人工早産とは、母児救命のために、人為的に出産時期を早めるものをいいます。
自然早産とは、様々な原因による妊娠の継続が不可能となり、自然に分娩にいたるものをいいます。

早産の原因

早産の原因には以下のようなものがあります。
人工早産の原因には、重篤な妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離、前置胎盤、前期破水、重篤な妊娠合併症などがあります。
自然早産の原因には、絨毛膜羊膜炎、切迫早産、前期破水、頸管無力症、多胎妊娠、羊水過多症、常位胎盤早期剥離、前置胎盤、重篤な妊娠合併症、喫煙などがあります。

早産の診断

・腹部緊満感、背部痛、血性帯下、不正出血、粘液性帯下の増量などの臨床症状など。
・胎児心拍数陣痛図(CTG)における規則的な子宮収縮など。
・経腟超音波検査において内子宮口の開大、頸管長の短縮など。

早産の管理

未破水の場合

子宮収縮抑制剤などの投与により子宮収縮を抑制し、可能な限り妊娠期間の継続がはかられます。

破水の場合

胎児の肺成熟が未熟で感染徴候がなければ可能な限り妊娠の継続がはかられ、肺が成熟する時期までしっかりと管理されます。
感染が疑われる場合には、NICUや小児科と協力し、新生児への万全な対応で分娩へ向かいます。

切迫早産の治療

・安静(自宅・入院)
・子宮収縮剤の投与
・子宮頸管縫縮術の手術