小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


未熟児無呼吸発作

出生後、ほとんどの正常新生児では、規則的な呼吸の間に3~15秒の呼吸停止が混在する周期性呼吸を認めますが、これは無呼吸ではありません。無呼吸とは、20秒以上の呼吸停止または、徐脈やチアノーゼを伴う呼吸停止と定義されます。
早産児においても周期性呼吸はよくみられるのですが、問題となる無呼吸とは20秒以上の呼吸停止またはそれ以内であっても徐脈や血中酸素濃度(Sp02)の低下を伴うもので、その1つが未熟児無呼吸発作です。

未熟児無呼吸発作とは

未熟児無呼吸とは、無呼吸の原因となる基礎疾患をもたない在胎期間37週未満で出生した早産児で、20秒を超える呼吸停止あるいは呼吸停止が20秒未満であっても徐脈や明らかなチアノーゼを伴うものと定義されています。
未熟性に基づく無呼吸発作は在胎28週未満の児では90%以上に認められ、在胎32週未満の児の約半数認められ、通常在胎34~36週頃には消失されるとされています。しかし、慢性肺疾患を合併する早産児の場合は、出生予定日を過ぎても遷延して無呼吸発作がみられることがあります。

未熟児無呼吸発作の原因

未熟性無呼吸発作の原因には、呼吸中枢の未熟性や呼吸機能調節の未熟性による低酸素血症が呼吸中枢を抑制することなどが考えられ、その他、胃からのミルクの逆流、新生児仮死、感染症、頭蓋内出血、低血糖、先天性の疾患などが原因となることもあります。

未熟児無呼吸発作の症状

未熟性無呼吸発作の症状は、呼吸が20秒以上停止するか、20秒以下でも脈拍が100以下に落ちたりチアノーゼを伴うことがあります。


小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A