小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A


呼吸窮迫症候群(RDS)

呼吸窮迫症候群(RDS)とは

呼吸窮迫症候群:Respiratory Distress Syndrome (RDS)
呼吸窮迫症候群(RDS)は、在胎期間37週未満で出生した早産児などにおいて、出生直後よりみられる呼吸窮迫徴候を主徴とする症候群です。肺の未熟性性から肺サーファクタントが欠乏して肺胞の虚脱がおこることによります
早産児において頻度の点からも重症度の点からも最も重要な呼吸器疾患であり、代表的な出生直後の新生児の急性呼吸器疾患です。

肺サーファクタントとは

肺サーファクタント:肺界面活性物質
肺サーファクタントとは、肺胞の細胞から産生・分泌される表面活性物質のことで、脂質(脂肪)とタンパク質の混合物質で、肺胞内側の表面を覆い、その表面張力を弱め、呼吸サイクルの間肺胞が拡張した状態を保てるようにします。
通常、サーファクタントの産生は妊娠約34週ごろから始まります。

呼吸窮迫症候群(RDS)の発生頻度

呼吸窮迫症候群(RDS)は早期産低出生体重児に発症します。
その頻度については在胎28週で70%、在胎30週で55%、在胎32週で35%、在胎34週で20%の割合で発症し、36週以降に出生した児ではほとんどみられません。
またRDS発症危険因子としては、周生期仮死(常位胎盤早期剥離、前置胎盤出血などによる胎児仮死)、陣痛発来前の帝王切開、双胎第2子、糖尿病母体からの出生、男児などがある。

呼吸窮迫症候群(RDS)の病因

未熟性による肺サーファクタントの欠乏、または肺サーファクタントの不活化

呼吸窮迫症候群(RDS)の症状

呼吸窮迫症候群の症状は、出生後に呼吸窮迫徴候である、チアノーゼ、呻吟、陥没呼吸、頻呼吸、時に無呼吸がみられます。

呼吸窮迫症候群(RDS)が起こる機序

呼吸窮迫症候群(RDS)は、肺サーファクタントの欠乏のため表面活性が低下し呼気時に肺胞が虚脱して機能性残機量が保てないことによりおこります。すなわち、サーファクタントの欠乏により肺の広がりやすさが低下し、機能的残気量(息を吐いた後に残る空気の量)が正常に保てず、呼気時に肺胞が虚脱状態になります。このため、吸気では虚脱した肺胞を再び膨らせるために非常に高い吸気圧を必要とし、また呼気では機能的残気量を少しでも維持しようと、呻吟により気道内圧を高めようとします。


小さく生まれた赤ちゃんのママへ~早産児のQ&A